大阪のマンションの査定結果はまずまずでした

出来れば総理には増税は回避して欲しい

更に大阪は栄えることも十分に考えられる : どうこのマンションを活用するのかという事も考える必要がある : 出来れば総理には増税は回避して欲しい

増税によって景気が冷え込むことは十分にありそうですから、出来れば総理には増税は回避して欲しいというよりも、出来れば減税を考えてほしいという事も考えてしまう所があります。
増税をして意味不明なポイント還元というような事をするぐらいであれば、そのようなシステムを作るお金で減税をすればそれで話は終わってしまうのではないかという事も考えられます。
社会保障を充実させるのに、一番困っている貧困層からお金を取る消費税増税というのは全く意味が分からないといっても良いかもしれません。
これで景気が悪くなるような事があれば、折角のマンション価格も下落に転じる言う事も考えられない事ではないはず。
単に景気というのは悪くなれば消費を抑えればいいというような事ではありません。
全ての資産の価値が下がるとんでもない事だという事を理解しておく必要が政府の役人にもあるはずです。
何故なら、役人は税金で暮らしているわけですから、その税金の元となる国民の資産が目減りするのが景気後退だと考えなければならないはず。
目先のお金に拘って増税という事をすれば後でとんでもない結果となる事も考えられます。
サイドのデフレ不況に陥るという事も考えられるのですから、ここは景気よく増税はなくして、そのことによって景気を支えて、それで社会保障も充実させるという事を考えた方が良いでしょう。
ポイント還元するぐらいなら、その方が断然良いはずです。