ネットで格安航空券を購入した場合の支払い方法は?現金以外でもできる?

- 格安航空券を使って旅行するときのデメリットは?

最近の投稿

格安航空券を使って旅行するときのデメリットは?

格安航空券を使えば、安く国内旅行ができます。大手航空会社を利用すると、交通費だけでも費用がかさんでしまいますが、格安航空会社なら、電車や新幹線と変わらないかそれより安い価格で旅行をすることができるのです。
安く旅行ができるなら、ぜひ格安航空券を購入したいと思う人は多いですよね。でも、格安航空会社の飛行機は、大手航空会社よりも劣る点がいくつかあります。コストが抑えられるという最大のメリットの裏には利用する上でのデメリットがあるということを知っておきましょう。
格安航空会社の飛行機を利用するときに知っておきたいデメリットを紹介します。

格安航空会社を利用するデメリット

コストを抑えて飛行機に乗れるというのは、格安航空会社を利用する大きなメリットですが、一方でいくつかのデメリットもあることを知っておかなければなりません。

まず、格安航空会社の飛行機は、大手航空会社の飛行機よりも小さく、小さい機内に、少しでもたくさんの乗客が乗れるように座席数を多くして作れられているので、当然、座席一つ一つのスペースは狭くなります。
国内旅行くらいなら、長時間のフライトにはならないので、狭い機内でも我慢できるという人が多いですが、体が不自由だったり持病がある人にとっては狭い座席に何時間も座っていなければならないことが苦痛に感じる可能性はあります。

座席が狭いことはもちろん、機体が小さいので気圧の影響も受けやすく、大手航空会社の飛行機に比べて揺れを感じることも多いです。乗り心地は良いとは言えないかもしれませんね。もちろん、乗り心地が少々落ちる分、コストが安くなっているわけですから、納得できるという人がほとんどでしょう。

また、機内サービスのほとんどが有料化されていることも知っておくべきポイントです。大手航空会社の飛行機に乗りなれている人は特に、今までは無料で当たり前に受けられていた機内でのサービスにいちいちお金がかかることにショックを受けるかもしれません。でも、航空チケットを安く提供するために、人件費を抑えているので、サービスの有料化についても納得しなければなりません。

デメリットを知っておけば納得して利用できます

リスクと書かれた用紙

飛行機で旅行をするときに、航空会社に何を求めるかは人それぞれです。価格を求める人もいれば乗り心地やサービスの充実を求める人もいるでしょう。格安航空会社は、価格を最優先に考える人にはおすすめですが機内のサービスの充実を求める人には不向きです。自分はどんな空の旅を求めるのか、航空チケットを購入する前にはっきりさせておきましょう。